53696ssssssssssss

Five Reasons 5G Will Revolutionize Sports Broadcasting-5Gがスポーツ中継に革命をもたらす5つの理由

テレビや伝統的な媒体あるいは デジタルメディアなど様々場面で、 5G携帯サービスの広告宣伝を見ない日はありません。
スタジアムでスポーツイベントを撮影するカメラマン
5Gは今後数年間のスポーツ中継に革命を起こすために開発されています

5Gのかなり拡張された広告が流されていますが(HD映画を数秒でダウンロードできるかどうかはそれほど重要な事ではありません)、5G携帯サービスが消費者や企業にメリットをもたらすことは間違いありません。

スポーツ中継も例外ではありません。 アップロードの高速化、帯域幅の拡大、低遅延、ネットワーク可用性の向上などは、スポーツ放送に革命をもたらす5Gのメリットです。

 

理由1:ケーブル配線の削減

映像をカメラから番組制作用の中継車に伝送するために同軸ケーブルや光ケーブルが何キロ、場合によっては何十キロも使われているとは想像も出来ないでしょうでしょう。

ケーブルが重いだけではなく(中継車の可搬重量制限を考慮する必要があり)、新しいイベントを開催するたびに、ケーブルの検査、接続、切断、収集、保管、輸送などを適切に行う必要があります。

またスポーツ中継に必須のこのアイテムは、ケーブルの種類、メンテナンスの頻度、価格によって、ケーブルの最大長が異なります。

しかし、5GはHDや4K信号を処理するのに十分な帯域幅を持ち、放送用カメラから直接無線によるIP映像の超低遅延伝送を可能にします。

2018年6月、Fox Sports社、Intel社、Ericsson社、AT&T社は、ニューヨーク州シネコックヒルズで開催された全米オープンで、従来のような何キロにも中継車に這わされる光ケーブルの代わりに5Gを使用するテストを実施しました。Fox Sports社は、5Gを用いて4Kライブ映像伝送を行いました。

ZD Netの記事で、Fox SportsのSVP(Technical and Field Operations)であるMichael Davies氏は、このテストを、光ファイバーケーブル、マイクロ波、同軸ケーブルなどの信号伝送手段の使用を削減する上での5Gの「驚異的な出発点」だと評価しています。

5Gは、無線伝送ソリューションを提供しています
 

理由2:現在と未来のための準備

スポーツ中継はHDから4Kになり、現在8Kも始まりました。(日本では2021年の夏季オリンピック東京大会で8K制作を予定しています)ハイダイナミックレンジ(HDR)、広色域(WCG)、高フレームレートが一般的になるに伴い、カメラ信号の伝送に必要な帯域幅は増加する一方です。

幸いなことに 4K UHDのライブ映像をカメラから中継卓へ伝送するにあたり、スポーツプロデューサーは5Gに目を向けました。 インテル社のホワイトペーパーによれば、Fox Sports社のセットアップ時、放送品質で4K UHD(60fps)圧縮信号を伝送するためには、約70Mbpsの帯域が必要でした。

この帯域は、5G携帯サービス速度の範囲内です。 2020年5月にFierce Wireless誌が発表した記事によると、5Gは4G LTEに比べて上り通信速度が30%向上し、ピーク時には100Mbpsに達するとのことです。 また、2019年にPCMagがロードアイランド州で行ったテストでは、ピーク時の上り通信速度が93Mbpsだったと同記事は報告しています。

5Gは4Kや8Kとカメラ信号の伝送を保障
 

理由3:ネットワーク可用性

スポーツイベントやコンサートなどの大きなイベントの際、カメラからの映像パケットを送信する場合、無線ネットワークの可用性が十分でない問題が生じます。

チームと放送権者との契約上の義務はもちろん、多くの広告費が絡み、カメラの映像を流すための無線接続の確保と維持に失敗は許されません。 しかし、試合会場で何万人もの人が自撮りをしてFacebookに投稿すると、必要な無線接続とサービスの確保が困難になります。

長年にわたり、映像制作スタッフがIPカメラを使用する際に必要な無線帯域を確保するための回避策が取られてきました。 その中で最も一般的なのが、イベント会場に無線ホットスポットを設置する方法です。 スポーツプロデューサーやその他の放送局スタッフは、試合や大会の前に、ネットワークへのアクセスが集中することを想定してサービス提供者と契約を結び、必要な回線と帯域幅を確保します。

5Gの世界では、ネットワークスライシング技術によって、1つのネットワーク回線を複数の仮想回線に分割し、放送用カメラ用など特定の用途に割り当てることで、この問題を解決してくれる事が期待されています。

ネットワークスライシング技術により、放送専用に5Gネットワークの一部を切り出すことで、フィールドカメラからの映像が、Instagramに投稿するファンとネットワークリソースを競合する必要がなくなります。

理由4:より少ない周波数調整
 

理由4:より少ない周波数調整

メジャーなスポーツイベントを中継するためには、ライブカメラ、ワイヤレスマイク、IFB、インターコム、そして全米に配信するためのテレポートへのバックホールに必要な帯域を確保し、各無線周波数のユーザー同士が干渉しないようにすることが重要です。

しかし、この取り組みは年々困難になってきています。なぜなら、様々な周波数の再割り当てにより、新しいサービス用のスペースを確保するために、特定の無線機器が長年にわたって割り当てられていたチャンネルから外れてしまったからです。

また各種イベントで、 事態をさらに複雑にしています。この作業は非常に重要で、 大規模なスポーツイベントや政治集会では、周波数調整担当者が任命され、電波の整理を担当します。

しかし、5G携帯ネットワークが、マイクロ波カメラの送信機や、ワイヤレスマイク、インターコム、IFB、インイヤーモニターなど従来の無線通信ツールに代わるものを提供し始めると、周波数調整の重要度は減少するはずです。

5Gは、マイクロ波カメラ送信機や従来の無線通信ツールに代わるものを提供しています
 

理由5:最先端を実現

スポーツ放送局は、これまでも、これからも、人々の興味を引くような試合やイベントをテレビ放送に主眼を置いていますが、ファンによる番組への関わり方が変化し始めていることも強く認識しています。

例えば、Fox Sports社は11月中旬、Facebook社と提携して、「Oculus Quest」を装着した人を対象に、Amilcar VidalとEdward Ortizのプレミア・ボクシング・チャンピオンズ戦(PBC)をVRで中継しました。

VR視聴者は、バーチャル円形競技場に入り、Oculus Questヘッドセットを使って試合を観戦しました。 Fox Sports社は、この特別なVRプロダクションのために、試合を4Kで撮影しました。

360度カメラによるフィールドの撮影からAR環境まで、視聴者体験を向上させるためのスポーツ生中継における実験的な制作方法の一つです。

バーチャルリアリティは、実験的なプロダクションの一つです

これらのアプローチは多くの点で異なっていますが、共通しているのは、ソースと目的地の間で大量のデータを移動させる必要があることです。 ここでも5Gは高解像度の映像ソースを超低遅延で伝送するために必要な帯域を提供するという重要な役割を果たします。

アップデートを入手する