55005ssssssssssss

How To Livestream From Remote Locations-リモート中継の方法

地方テレビ局や全国ネットワーク、スポーツ、エンターテイメントのプロデューサーは、リモート中継にすでに馴染んでいます。
リモート中継はニュースステーションの定番

市役所の外にいるレポーターからのライブショット、内乱の現場から外国人特派員のレポート、スポーツプロデューサーが提供した全米受け試合の動画配信など、リモート中継は長年にわたってテレビの定番となっています。

この間相次いだ技術革命はリモート中継の方法に影響を与えてきました。ENG(Electronic Newsgathering)は、SNG(Satellite News Gathering)やDSNG(Digital News Gathering)として知られるアナログ・デジタルの一対一のマイクロ波伝送、そして最終的には無線携帯電話ネットワークでリモート中継を可能にしました。

携帯電話網が普及する前は、SNGやDSNGが主流だった

しかし、あらゆる技術には共通点があります:ニュース速報の現場であろうと、大勢のファンで賑わうサッカースタジアムであろうと、現場からのライブ・録画映像を提供して視聴者に臨場感を与えることが大事です。

 

リモート中継の短い歴史

ENGやSNGは、当時としては画期的なものでしたが、コストが高く熟練したオペレーターが必要で、時には危険も伴いました。 特にENGの場合、送電線に突き刺された空気圧式マストがトラックの運転手や車両に大きな被害を与えていました。

しかし、2000年代以降、pre-3Gの展開が2Mbpsをもたらしたため、実行可能な代替手段という希望の光が見えてきました。3G技術が進歩しスループットが向上したため、2000年代半ばにはIP取材が本格化しました

3Gネットワークの拡大・改良だけでなく、映像伝送用のIPトランスミッターの改善も急速に進んでいました。 例えば、 TVU Networksが開発したIS+(Inverse Stat-Mux、初期バージョンはIS)技術は、受信サイトで再集約するためにビデオソースを複数の無線チャネルに伝送し、 帯域制約を緩和してネットワークのパフォーマンスに適応するために接続をリアルタイムで知的に監視する技術です。

時の流れとともに、4G、4G LTE、そして現在の5Gでは、通信速度がますます向上しています。 Fiercewireless.comによると、5Gの通信速度は25Mbpsから100Mbpsとなり、4G LTEに比べて少なくとも30%向上したとのことです。

それと並行して、より少ないデータ量で遠隔制御を行うことができる一連の動画圧縮アルゴリズムも開発されてきました。 品質が同じレベルであれば、HEVC(High Efficiency Video Coding)H.265でエンコードされた動画は、AVC(Advanced Video Coding)H.264と比較して、特定のパラメータに応じて32%から62%の効率化が図られています。

より高いスループット、より効率的なビデオエンコーディング、IS+のような基本的な伝送技術が利用可能になることで、リモート中継はますます明るく拡大していくと思われます。

 

リモート中継の実現

ライブ動画配信や、編集された映像を制作に組み込むために様々な選択肢が用意されています。

For producers on extremely tight budgets, the TVU Anywhere app loaded onto a smartphone or tablet is the right choice. 高品質&低価格のTVU Anywhereは、TVU IS+技術とHEVCエンコーディングを搭載し、これらのデバイスを高品質・高性能なビデオカメラに変化させ、無線インターネットサービスやWi-Fi接続などの無線IPネットワーク経由でHD画質の動画をきちんと配信できます。

TVU Anywhereは、TVU Producerとの統合が簡単で、マルチカメラや事前に撮影した動画をライブで切り替えることができます。 このアプリでは、スタジオにいるプロデューサーはカメラのパンやズームをリモート制御できます。スタジオ番組からのビデオフィードバックをサポートし、TVU Partylineを介してスタジオと現場のコミュニケーションを提供します。

高性能のビデオカメラでの高予算リモート中継を行う場合、他のソリューションがより有意義かもしれません。 しかし、ニュース取材や走りながら動画を撮影する場合、TVU Oneは最適です。

IS+技術とHEVC/H.265エンコーディングを搭載したTVU One 4Kは、放送局やプロの制作現場で幅広く使用され、シングルカメラから超低遅延のHD・4K HDR/HLG 10ビットのリモート中継を実現します。 5G対応の6つの内蔵モデムにより、現在の5Gで100Mbps伝送が可能です。 さらに4つの外部モデムをUSBで接続できます。

ビデオグラファーは、HD/4KカメラをSDI/HDMIで接続でき、最大8チャンネルのエンベデッドオーディオに対応しています。 4Kを必要としない制作現場では、TVU One V3が最適なソリューションとなります。

4Kモデルと同様に、V3は6つの内蔵モデムと、4つのUSB経由の外部モデムをサポートし、 IS+、AVC H.264とHEVC/H.265を提供し、SDIおよびHDMIのカメラ入力に対応して最大8チャンネルのエンベデッドオーディオをサポートします。 両者の大きな違いは、V3が4K伝送に対応していないことです。

ポケットサイズのTVU Nanoは、1ポンド強の重さで、嵩張ることや機動性を損なうことなく、高性能カメラに簡単に取り付けることができます。 2つの内蔵モデムと2つの外部モデムを追加できるTVU Nanoは、TVUのIS技術とH.264を搭載しています。 また、IS+とHEVC/H.265も選択可能です。

TVU Nanoは、基本的な無線ネットワークアクセス用の便利なソリューション、エントリーレベルバージョンのTVU Routerも搭載しています。 同様に、高性能バージョンのTVU RouterはTVU Oneに搭載されています。どちらも、現場で撮影・編集されスタジオに持ち込むべきショットなどの高速伝送を確実に行う手段となります。 TVU RouterはAsperaとFileCatalystをサポートしており、パナソニックのAVC-ULTRAカムコーダーやクラウドベースのニュース制作システムP2 Castと同様に伝送の高速化を実現します。

 

機器の性能を最大限に引き出す方法

これらのライブ配信ソリューションから最高のパフォーマンスを引き出すための具体的な方法は、デバイスやアプリケーションによって異なりますが、全体的な満足度向上のガイドラインがいくつかあります。詳細は下記の通りです。

十分な帯域幅: リモート中継の映像と音声を伝送するために必要なデータスループットは、映像の解像度(SD、720p 1080i、1080p HD、4K(ハイダイナミックレンジの有無を問わない))や、エンコーディングの種類(AVC H.264、HEVC/H.265)などの要因によって決まります。 ここでは経験則に基づいて説明します。

AVC H.264でエンコードされたHD動画を鮮明に再生するには、5Mbps以上の通信速度が必要です。 ネットワーク接続が不安定な場合、TVUのSmart VBR(可変ビットレート)は、ハーフHD画質以下に落とすようにエンコーダに指示し、必要な帯域幅を減らすことで、伝送を継続させます。 より多くの帯域幅が利用可能になると、Smart VBRは圧縮映像を高画質(HD)を復元します。 また、映像より音声は優先されます。

HEVC/H.265の場合は、3.5Mbpsの通信速度が十分です。 AVC H.264と同様に、帯域変動に対応するためのSmart VBRが搭載されています。

無線ネットワークの多様性:TVU Oneであれ、TVU Nanoであれ、送信機に内蔵された複数の無線ネットワークにアクセスできることは重要です。 ネットワークの多様性は、1つの籠にあらゆる卵を入れることによる弊害(1つのネットワークに集中してアクセスできないという不運)を排除するだけでなく、プロバイダーによって地域ごとに異なるネットワーク接続状態でも機能させます。

適切な遅延の設定:TVU OneやTVU NanoのようなあらゆるTVU Networks送信機は、ユーザーが予想するネットワークの遅延をダイヤルで設定できます。 本番開始前に、テストショットを行い、設定された遅延が実際のネットワーク状態に適していることを確認する必要があります。適していなければ、適切な遅延の値が決まるまで、このプロセスを繰り返す必要があります。 一度設定すれば、遅延は変わりません。

バッテリー駆動時間:TVU Anywhereを搭載しているスマートフォンでも、TVU One送信機でも、バッテリー駆動時間を知ることは非常に重要です。 スマートフォンのバッテリー駆動時間は製品によって大きく異なりますが、TVU One内蔵バッテリーの駆動時間は4.5時間です。 外付けのPowerPacは8時間です。

 

リモート中継の最終決定

実際のところ、リモート中継の計画や実行が、これほど手頃・簡単ではありません。

IPベースの無線送信機、映像エンコーディング用の最新コーデック、複数の無線ネットワークを介したパケット通信最適化ツール、不安定な通信状況を監視して対応する機能を備えたリモート制作ソリューションは、 ニュースから、スポーツ、企業、政府、機関のビデオ制作まで、 あらゆる分野で欠かせないものとなります。

今後、5G無線ネットワークの導入や圧縮効率の向上により、リモート中継はより簡単・確実に低コストで実行できるようになるでしょう。

このような環境下でどのような選択肢があるのかを理解しておけば、特定のプロジェクトの予算にかかわらず、リモート中継は常に強力な選択肢となります。

アップデートを入手する